HuaweiMateBookがちょっとズレてるかな

 

 

こんばんは、ご機嫌気いかがでしょうか?クマガイです

 

 

僕は見ての通り、新しいガジェット類が出るごとに

うへへぇ…」と恍惚な笑みを浮かべるのですが

それでも毎日毎日新しいガジェットがでてくるわけではなくて

ネタが全く入ってこないこともあるんですね

 

kumagai114514.hatenablog.com

kumagai114514.hatenablog.com

 

いや、出てくることには出ては来るのですが

ぼくにとってはあんまり興味のないサーバー関連だったり

経済の動きだったりしてみててね

 

うん。

 

だからそれこそ

 

Macが新しいデバイスをだした~」とか

 

【祝】赤字確定!!!

 

とかなったら

僕はすごい嬉しそうな顔をしてブログに書き込むと思いますよ。とくに後者

 

他のメーカーも新製品とか出したりしてくれたら

もっと( ᐛ)パァっとしてくれるのですがHuaweiさんもASUSさんも

10インチのタブレットとかいう反応に困るものが…。

 

MateBook

 

 

 

f:id:Kumagai:20171209125327p:plain

consumer.huawei.com

 

 

最近だとHuaweiMatebook E&Xが発表されて

期待できるかなぁとも思ったのですが

やっぱりね、メモリがね、足りない気がします。

上位モデルが8GBなんですよ。

  

あんまり何がしたいのかわからないスペックなんですよね。

それでお値段が15万円に抑えてればいいのですが18万円ほどします。

ちょっと高すぎますね。

 

Huaweiさんのタブレットは持っていて

MediaPad M3って言うんですけどなかなか快適に動くんですよね。

なんせメモリが4GB積んであるので現時点のスマホUIでは

もっさりしないくらいの性能を持っています。

 

僕はネットサーフィンとデレステを主に使用しますが

ROMは32GBで問題ないと思います。

しかもこれで3万円という超コスパ

 


にも関わらず今回のMateBook Xは高価格かつ

お世辞にも同じ価格帯のパソコンの中では

低性能のパソコンを売り出したので個人的には

 

 

ちょっと

 

ちょっとズレてるかな…

 

って気がします。

 

確かにスペースシャトルに使用されている材料

使用することによる話題性というのはすごいのですが

ファンレスのi7は不安というのも正直あります。

 

Huawei自身の主張としては

 

最近のノートPCは性能がよくなったり軽くなったりなど性能面での成長ももちろん大事だが、革命的な技術がなくて面白さやわくわく感が感じられないとノートPCとしての価値は終わり

(超約)

 

と今のノートパソコンに喝をいれる発言をしました。

それがファンレス加工の熱対策構造PCなんでしょうけど…なんというか。

 

 

ていうかいまこれ気づいたんですけどこれ凄くないですか

 

f:id:Kumagai:20170820104343j:plain

f:id:Kumagai:20170820104340j:plain

 

乙倉君が左と右でうまく分かれてる(ノンケ)

乙倉君もおいしそうやな、ホンマ(ホモ)

 

ただ、乙倉君165cmで40Kgだからもう少し太ってもええんやで。

成長期だからもっと食べてホラホラホラ。

 

本日

 

本日は特に記事の内容決め手なくて雑談というか聞いてほしいことというか。

ていうか元々のこのブログ始めた趣旨がTwitterじゃ文字はいらないから~

ってことだったような気がする。たぶん。

最近は記事書いているときにはバックグラウンドでずっとノーナリーヴス

 

www.nonareeves.com

 

を流してます。B’zのライブ近いのに大丈夫なのか。

 

追記:大丈夫でした。この時はまだDinosaurの発表刷らなかったんですよねぇ…。

 

これここまでHuaweiのMateBookXのこと書いたから記事のタイトル

迫真電子計算機研究部ファッ!?ウェイの裏技」とかでいいかな。

多分ね、買うんだったらHuawei MateBook E

かそれとも思い切ってsurfaceとか買ったほうがいい気がします。

 

Surface今仕事で使う推奨パソコンから外されましたが

結局じゃあ他でいいのかって言ったらまぁダメで。

 

Surface

 

f:id:Kumagai:20171224193357j:plain

新しい Microsoft Surface Pro | 超軽量かつ万能。

© Microsoft 2018

 

Surfaceはノートパソコンというよりかは2in-1という

また新しい形式のパソコン形態になっているので

同じシステムで評価するのはちょっと

 

ちょっとずれてるかな?

 

ただ、surfaceがあるとタブレットはいらないですね。

すごくコンパクトなのもプラス。

そしてなによりも凄いのがキートップだと思います。

あれはなかなか素晴らしい打ち心地。

 

メリット
  • 単純にワクワクします
  • ユーザー目線開発
  • 軽い
  • タブレットいらず
  • 動的、きれいなディスプレイ

 

後に挙げるデメリットが無ければ誰でも使うことを推奨したいですし

Macよりもはるかにというか比較するのもおこがましい程

直感的でかつ、ユーザー目線で作られているパソコンです。

 

これが失敗したらMicrosoftのメーカーブランドに傷がつくだけでなく

それ以降のWindows機すべてが馬鹿にされると思います

意外と責任重大なのです。

 

だからディスプレイのカッコよさやベゼル回り

発熱や軽やかな動きにも気を使いますし

それ以上にデザインのクールさに全力をかけています。

それが一番大事ですからね。

 

早くシェア率も増えてもっともっとみんなで意見交換しあって

めんどくさがらずにメーカーに伝えてもっと使いやすい

パソコンにできるはずなんですね。

 

実は難しい理由が。

 

デメリット
  • 高い

 

まじでこれだけなんですよ。

 

そう、Surfaceって高いんです。それもかなり高いです。

MacBook Pro13インチのフルスペックモデルが34万円

(僕は税抜き価格なんて書きませんからねふざけんなよ、Apple

に対してsurface Proのお値段がなんと

 

 

34万円ですよ!高くないですか…

 

あれ?

 

一緒やんけ!!!!!!

 

なんだこの値段俺てっきり40万くらいするもんだと思って調べたら意外と安かったよ!

 

f:id:Kumagai:20170820110842j:plain

 

 

間違ったわ…41万円もするほうはSurface Bookのほうだった。

これもまたたくさん種類があってね…

Surface LaptopというのはMacでいうAirみたいな立ち位置かな。

Surface BookMacBook Proみたいな。

 

あとSurface StudioってあるんだけどこれはiMacみたいな。

この中で買うんだったらコスパ的にも性能面でもやっぱりSurface Proかなぁ…。

 

瀬戸弘司さんがsurface Pro買ってたけど

 

う ら や ま し い

 

 

MacBookおじさんはいらないから

 

Surface Pro フルスペックおじさん作って

 

たぶん、34万も大丈夫でしょ…多少はね?

 

以上、クマガイでした。

 

面白かったら☆お願いいたします!!!

 

kumagai114514.hatenablog.com

kumagai114514.hatenablog.com